« “【100分de名著 ブッダ 真理のことば】 : 『第2回 うらみから離れる』を見た。” | トップページ | “『WORKING! ! 10巻』読了。” »

2011年9月24日 (土)

“『超級! 機動武闘伝Gガンダム 6巻』読了。”

超級! 機動武闘伝Gガンダム (6) (角川コミックス・エース 16-13) (6巻)』を読みました。

ネオイングランドと、ネオエジプト編。


今回はどちらもマジメな展開というか、非常に業を抱えた戦いが収録されてましたね。
どちらも。

3度もガンダムファイトに出て優勝したチャップマン。
今 現在に生きていても、今を大切に生きていたとしても、過去への執着が今を駆り立てるから、
結局わかっていても、今に生きることが出来なかったという結末。


そしてダハールの執念。
こちらも同様に、過去に生かされているというもので。
しかしこちらの場合は本人の意思というのでなく、それがキョウジによって利用されているもの。
…だけど、意思を利用されてる時点で、ダハールの弱さが露呈してる っていうことなんですかねぇ。
だからこそ、ドモンが再生不可なほどに打ち負かしたという。キョウジへの怒りなのか、ダハールのためか。

今巻はコンセプトが統一されていましたし、熱かったですわ。

超級! 機動武闘伝Gガンダム (6) (角川コミックス・エース 16-13) Book 超級! 機動武闘伝Gガンダム (6) (角川コミックス・エース 16-13)

著者:島本 和彦
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« “【100分de名著 ブッダ 真理のことば】 : 『第2回 うらみから離れる』を見た。” | トップページ | “『WORKING! ! 10巻』読了。” »

漫画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/41965446

この記事へのトラックバック一覧です: “『超級! 機動武闘伝Gガンダム 6巻』読了。”:

« “【100分de名著 ブッダ 真理のことば】 : 『第2回 うらみから離れる』を見た。” | トップページ | “『WORKING! ! 10巻』読了。” »