« “『ペプシ カリビアンゴールド』を飲んだ。” | トップページ | “【cali≠gari】 : 『#』を聞いた。” »

2011年8月24日 (水)

“『ネクログ 2巻』読了。”

ネクログ(2) (アフタヌーンKC) (2巻)』を読みました。

菅にそそのかされたり、胡とともにとうとう冥界入りしたりして、どんどん自然とスキルが上がっていく宋…。また新たに女性の道士・蘇とも出会い…。


冥界に入ったことによって、人の体と人の命の因果関係や、胡の役目も(あと、勝手にやってる素行も)わかってきました。

しかしまぁ、黎はなんでそう“生”に執着するのかね。そこまでして長生したいものなのかね。

帯が『屍体につき、ためらいなし。』と表記してありますが、別に屍体じゃなくてもためらい無く やりたい放題してますよね。
黎みたく主人公サイドと相対するものに限らず、黎を案内していた一般人であろう人を、胡が操る白杏が、
流れで、
みたいな感じで おみまいしてしまったりなど、粗相が過ぎますね。別に好きですけどね。w

人は物のように使い、入れ物が合わなかったらまた再考し、使い捨てとリサイクルの繰り返し。まぁ、冥界もさして現世と変わらぬ世界のようですし、業の深い世界の中で如何に“自由”出来るか、ってことなんでしょうかねぇ。


そしてなにより2巻は菅のツンデレが発覚。
大人の女性になって宋を誘惑してるところや、巻末のイラストは萌えないけど、あれこれ胡のいるところに首突っ込んだりなど、一途なのか。それとも かまってちゃんなのか。(笑)

ネクログ(2) (アフタヌーンKC) Book ネクログ(2) (アフタヌーンKC)

著者:熊倉 隆敏
販売元:講談社
発売日:2011/08/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« “『ペプシ カリビアンゴールド』を飲んだ。” | トップページ | “【cali≠gari】 : 『#』を聞いた。” »

漫画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/41335495

この記事へのトラックバック一覧です: “『ネクログ 2巻』読了。”:

« “『ペプシ カリビアンゴールド』を飲んだ。” | トップページ | “【cali≠gari】 : 『#』を聞いた。” »