« “駄文 13” | トップページ | “『LOVE ACROSS JAPAN』を購入。” »

2011年8月30日 (火)

“『FILE156:「絶叫マシン学」』を見た。”

2011.08.25.O.A. (2011.08.29.夜中再放送)

FILE156:「絶叫マシン学」を見ました。


今回、番組HPの対談内容(?)も、絶叫マシンで叫んでる言葉しかなかったですし。(笑)

あとは番組内で出されたクイズが面白かったのと、ためになったなー、っていうね。


絶叫マシンの3つの魅力。
・アップダウン(フリーフォールを体験)
・回転(チェーンタワーを体験)
・振り子(海賊船を体験)

そして総合的なもの(ジェットコースターを体験) …という。


地球では1Gの重力があって、絶叫マシンを体感することによって、普段感じていない重力を感じることが出来る。
その話の中であった、宇宙のほかの惑星の環境についてで、

「Gが大きくなると、水分が下に抜けて 水がたまらなくて砂漠化する」

という話が面白かったです。
地球には水があるから…よく他の惑星に希望を見出す時に、水の有無を問うワケですが、重力の関係もあることは知らなかったです。

またジェットコースターで感じる重力は およそ3Gで。
スペースシャトルの時に感じるのも3Gだけど、 Gの強さと時間を掛けた体への負担もあるという。(だから緩和させるような工夫がさせられているとか。)
血液がどうにかなるんだったかな。



以下、ここから蛇足。脱線。

ドラゴンボールで界王様のいる星が10倍だかあって。
そこでの経験で宇宙船を重力コントロールできるようにして修行したりしてたけど、それはどうなるんだろう。

界王様のいるところって、悟空がえらいメシを食う描写もあったから、食料は豊富だったと思うけど、そういう食べ物とかに含まれている水分というのはどうなるんだろうか。
界王星のエリアで収穫された食物を加工したもの?
仮に地球から食物を持ち込んだ場合に質量は変わるのかな。
また界王さまの趣味のドライブも、車はどういう素材になってるのか…。


あと、悟空が界王星から飛び出そうと思いっきりジャンプをしたら、星の重力によって(?)ビターン!っと吸い寄せられたようになってたと思ううけど、それは重力によるものなのかな。引力じゃなくて?
地球は自転しているから、回転プラス引力による遠心力の合力(重力)が働いてるけど。

界王星は自転してたのかな。

……よくわからなくなってきた………。
(というかドラゴンボールというフィクションの作品にそんなマジメに考察しなくてもいいのか…。(苦笑))

いかん。さっぱりわからん。

|

« “駄文 13” | トップページ | “『LOVE ACROSS JAPAN』を購入。” »

爆笑問題のニッポンの教養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/41414178

この記事へのトラックバック一覧です: “『FILE156:「絶叫マシン学」』を見た。”:

« “駄文 13” | トップページ | “『LOVE ACROSS JAPAN』を購入。” »