« “『スピカ ~羽海野チカ初期短編集~』読了。” | トップページ | “『3月のライオン 6巻』読了。” »

2011年7月22日 (金)

“『星が原あおまんじゅうの森 2巻』読了。”

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 星が原あおまんじゅうの森2 (ソノラマコミックス) (2巻)』を読みました。

たしか前巻刊行時は岩岡ヒサエ先生の単行本が3種同発したときで。
その時の読後感が一番良かった感覚は覚えていたのです。
(『土星マンション』より良かったかも。)

ですが、1巻刊行からかれこれ1年半ほど。
…内容すっかり忘れてしまってました………。

1巻から読み返しておりました。

さて2巻。
野分の襲撃に遭い、伏せっていた蒼一。相変わらず森には様々な訪問者が来るのですが――…。

1巻よりもホラー色が強かった気がします。

特にカメの“教授”が憤怒の念に囚われてしまったことが。
1巻では“敵”と称するものが野分くらいしかいない印象だったけど、“森”全体が、森の中の個々の植物・生物が意思を持っていて自我を抱えて存在してるんですね。

森の他の植物のために剪定(かな?)しようとしてたときの反応とかね。1巻でのケヤキが、生きるために周りの植物を枯らしてしまうことがある、っていうエピソードもあったけど、周りのいきもののコトは考えたくないものなのかしら。まぁ枝葉が人間の手足と考えるならそれは苦痛だろうけど。
その責任や恨みを一身に背負う蒼一の覚悟もすごいね。

苔くんにじょうろでわざわざ水をやりに行ったりとかね。
全体を考えるって難しいね。

洋平くんと小石くんはかわいいし、活躍もするし。なんか一番安心して見れる子ども。
ボタンくんもかわいい。森に残れば良かったに。

科子さんがさりげなく助けている中、スタンプカードの意味、光によって現れたかつてのお屋敷など。一筋縄ではいかなそうです。

過去話だった11話では、鈴さんのはじまりが。
っていうかソファーさん初登場! …なんてセクシーな……。(笑)
もっと姿を現さないんだろうか。(笑)

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 星が原あおまんじゅうの森2 (ソノラマコミックス) Book 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 星が原あおまんじゅうの森2 (ソノラマコミックス)

著者:岩岡ヒサエ
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« “『スピカ ~羽海野チカ初期短編集~』読了。” | トップページ | “『3月のライオン 6巻』読了。” »

漫画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/40910076

この記事へのトラックバック一覧です: “『星が原あおまんじゅうの森 2巻』読了。”:

« “『スピカ ~羽海野チカ初期短編集~』読了。” | トップページ | “『3月のライオン 6巻』読了。” »