« “【アルボムッレ・スマナサーラ×香山リカ】 : 『生きる勉強』読了。” | トップページ | “『ペプシドライ』を飲んだ。” »

2011年6月 9日 (木)

“『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』読了。”

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)』を読みました。

久々に荒木作品を読みました。
過去の読切ものでも、岸辺露伴ものは面白かったので(一番最近だとジャンプSQ.に載ったヤツになるのかな)、今回のもすんなりと。

謎の『黒い絵』を追うというサスペンスもの。

内容に関してはもう読むだけでニヤニヤしてしまう…。(笑) や、展開にハラハラ・ドキドキというエンターテインメントは根底に当然として在って、けどそれ以上に日本の漫画家・岸辺露伴という人物が、…本編中には過去のエピソードも描かれているけど、終始一貫とした佇まいを見せているのに憧れるッ。

ルーヴルに着いた時の見開きの絵は良いですねぇ…。


ところで、過去に岸辺露伴が載ったジャンプSQ.(2008年1月号。創刊2号め。)にて、荒木先生のインタビューを読み返していたら、第4部について、
『吉良が死んだからあれで終わりとなったけど、ほんとはもっと描きたかった。第8部とか第9部とかで』
というような主旨の言葉が。

それが今に至ってるんですね。

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス) Book 岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« “【アルボムッレ・スマナサーラ×香山リカ】 : 『生きる勉強』読了。” | トップページ | “『ペプシドライ』を飲んだ。” »

漫画・アニメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/40306887

この記事へのトラックバック一覧です: “『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』読了。”:

« “【アルボムッレ・スマナサーラ×香山リカ】 : 『生きる勉強』読了。” | トップページ | “『ペプシドライ』を飲んだ。” »