« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

“『よつばと! 10巻』読了。”

よつばと! 10 (電撃コミックス) (10巻)』を読みました。

とーちゃん良い人だ。

良いとーちゃんだ。

前の巻でコーヒーこぼした時に、ホントはコーヒーが届いてなかったコトが発覚した時に、じっと よつばの目を見てたシーンがあったけど、今回はさらにうそをついて。

うそつき虫のせい とよつばが言った後、とーちゃんが静かによつばを連れて外へ出て、仁王さまのトコまで行くシーンがすごく怖かった。

この後よつばは仁王さまの眼前でおお泣きするんだけど、私はそこまでが、読んでて怖かった。

とーちゃんの“叱る”はなんだか沁みますね。

で、またその話のあとに、みうらの家に行って遊んでる時に、みうらがうそをついてるところは、よつば なんて思ったんだろうなー。「うそだから」とあっさり言われて。 …ダンボーに関しては夢を与える的なうそかもしれないけど。(苦笑)

つか、ダンボーの飛んでた空想のシーンが あずまんが大王のおとうさんみたいなキャラに感じたね。(笑)

今巻 特に笑ったのは“でんき屋”に行った回。

振動が がががががg。(笑)

マッサージチェアとかも。「あたまが…」は噴いた。w

そして風香はバカで可愛いなぁ。『うが』ってなんだよ。w

よつばと! 10 (電撃コミックス) Book よつばと! 10 (電撃コミックス)

著者:あずま きよひこ
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2010/11/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

“[コネタマ] 2010年”カー・オブ・ザ・イヤー”乗ってみたいのは?”

ホンダ CR-Zを選択しました。

いや、車 全然詳しくないんだけど、そんな表彰された車って言うなら…という単純な興味ですよ。

まして2年連続エコカーでしょう。そんなに良いものなんだー? って。環境に良いだけじゃ選ばれないでしょ よく知らないけど こういうの って。

乗ってみてもそりゃ いいものなんでしょうからー…。

という ド素人の思ったことでした。

ブログネタ: 2010年”カー・オブ・ザ・イヤー”乗ってみたいのは?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

“『友達100人できるかな 4巻』読了。”

友達100人できるかな(4) (アフタヌーンKC) (4巻)』を読みました。

どうやら友達を増やしていく試験で20人達成したことにより、 一つのポイントは超えたようで。さらに新たな課題が出来た というか。

その新機能 『複数人せっと』も、ただバージョンアップして友達づくりがやり易くなったワケではなく、“セットした人同士をも友達としなければいけない”というのが大変というか、いや でも直行だからさらにお節介が発揮されるのか っていう。(笑)

また ここで本作についての疑問も一つずつ解消されていって。

P.72の 『複数人せっと』の説明の中であった、“友達成立後の心変わり”について。…その時は友達同士だったけど、今はもう違う という。

…コトが仮にあっても、ルール上ではそれは問題に含まれないそうな。

たしかにその場だけ、『都合のいい友達』っていうのは考えてしまうことで、ましてや、

『ある瞬間だけ友達になれたような子とのチャンスを逃さない』(P.73 4コマ目) ってなると、なおさら 『都合のいい友達』を作りやすくなってしまうハズ。

けど そんな不安は抱かせてくれないのがこの作品。そして主人公の直行が持ってるもので。

この巻の1話目、駄菓子屋のばあちゃんの回で、セットして早々に友達成立を果たしたにも関わらず、学校の合間を縫ってパンダ屋へ。寒い日もパンダ屋へと通い、ひたすらパンダ屋のばあちゃんの都合のいい耳に翻弄されながらも本心を引き出した直行なら、『都合のいい友達』 なんて作るワケないと思わせられます。

そしてこの巻のもう一つのポイントが2人のアベさんの件の中で、『“無理して友達になる”ことへの疑問』も。

『仲良くなりたい同士で自然になるもんだろ』(P.127 3コマ目)

と直行本人の口から。

結果的に2人のアベさんは自然な流れで本音をぶつけることによって仲直りできたと思うんだけど、直行の『仲良くなりたい動機』(こう表現するとすごく堅くて『友達が出来る』というものからすごく遠いのはわかってるんですが)が、『仲良くなりたい』という自然な興味関心と、『仲良くしておきたい』という使命感や責任感みたいなもの(それこそ教師視点)から発生・派生してるようなキッカケがあったりしてて、そことも向き合うコトになるのかな? って思いました。

まぁ でも お節介でお人好しな直行だから、きっとこれからも真っ直ぐに『仲良くなりたい』気持ちを いい意味で暴走させていくと思いますけどね。

友達100人できるかな(4) (アフタヌーンKC) Book 友達100人できるかな(4) (アフタヌーンKC)

著者:とよ田 みのる
販売元:講談社
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

“『リヴィングストン 1巻』読了。”

リヴィングストン(1) (モーニングKC) (1巻)』を読みました。

桜井と天野の2人が、魂を傷付けず、綺麗な状態で“次”へ繋ぐために 魂を“魂石(コンセキ)”として回収していく。
という話。

片岡人生先生の作品はずっと気になってたというかー…、元々エウレカセブンが好きで、そのコミカライズから気になってはいたんですが、片岡人生先生の単行本を買うのは初めて。
この方がモーニングで新連載って時のモーニングの表紙にも衝撃でしたが、1巻の表紙がそれと同じで 本屋で思わず手に取りましたよ。

内容は死生観を新たな視点で描いていて大変面白いです。

善悪の基準に則らず、あくまでも魂の純粋さ(とはいえ1話の男性みたいに魂石がいびつ というのもあるようですが)を大事にしているので、そこに関わる人間自身の本心を揺さぶる作品ではないでしょうか。(2話は桜井自身もですが)

また3話からの連作で、“最終的に、殺した人(20代後半の美人めの女性)の魂を殺された人(キモいオッサン)に移す”という、これは手法として衝撃的。
本編中、コメディチックに展開してますが、結構エグいですよ。

まだまだ明かされてない、桜井の以前の相方、“鈴木”についてなど、今後の展開が楽しみな作品です。

リヴィングストン(1) (モーニングKC) Book リヴィングストン(1) (モーニングKC)

著者:片岡 人生
販売元:講談社
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

“『鋼の錬金術師 27巻』読了。”

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)  (27巻)』を読みました。

20日に既に売ってて その時に買ったんですが。その時は本屋さん、大量に積んであったんですが、23日に行ったら殆ど無かった…。売れ行きがすごいな。。。

さて内容ですが もぉ 大団円です。これ以上ないくらいに。

親父が、ホーエンハイムが死んでしまったのは残念というか。それでも必然だったのかなぁ。オマケ4コマの後のトリシャとの会話は良かった。親として、役目を果たせたのかな っていう。先に逝ったものとしての安心がありますよね。

107話の扉で、見切れてるキャラがいるけど、見切れてても誰だかわかるのがね。というかハボック出番ここだけなのか…。

ところで最終巻を読み終わったあと、HDDに録画しておいたアニメのハガレンFAのラスト4話をやっと見たんですね。

原作は単行本で読んでるだけなので、アニメの最終回を先に見ないようにしてたんですけど、アニメ版もすごい構成力でしたね。ほぼ原作通り、よく収まってるなぁ と。

ランファンがキング・ブラッドレイの死ぬ傍に立ち会ったのも、シンの国でリンに仕えるから、ブラッドレイに妻のコトを案じないのかを問うたんだなー なんて見返してみて思ったり。

原作とアニメとで補完し合うと、内容がよりわかり易いですし、ラストのウィンリィへの告白は噴笑もので見てて楽しかったですね。

本の終わりに2ページくらい荒川先生から完結についてのコメントが載ってるのかと思ってたけど、無く。これは来年夏発売というガイドブックに掲載されることになるのでしょうね。

や、ホント 荒川弘先生 お疲れ様でした。ありがとうございました。

次回作も是非 ガンガンで。(笑)

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス) Book 鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

著者:荒川 弘
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

“『たけしの新教育白書 2010.11.20.O.A.』を見た。”

2010.11.20.O.A.

『たけしの新教育白書』を見ました。

以下、番組内容で気になったトコをざっくり。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

宮本算数塾。
『環境と材料だけ与えておけば良い。 サービス過多で。
 勝手に学んでいく。』

スタジオ尾木先生。
『最近の学校は親のことを“顧客”という。サービス業になってしまってる』

●チンパンジーは動きより物に注目する。 人間の子どもは人のやったことを“真似る”

“学ぶ”とは“真似る”こと。面白さから入ること。
なにが面白いかは努力も必要だし、教える方もヘルプを出す。出しすぎは良くない。

たけし×池上×鈴木 対談

セレンディピティ。偶然が大事。偶然の出会い。どんな意見にもアンテナを張って行動。 失敗を失敗だと思ったら セレンディピティは逃げる。
(“セレンディピティ”という言葉が鈴木先生から出た時に、流そうとしたけど解説した池上さん。)

●根岸先生のVTR。ブラウン先生の言葉。“大きな樫の木も小さなどんぐりから”

●数学を面白く感じる先生。
微分(曲線の各面をとらえる)、積分(そこから曲線の流れを知る。)
タッチパネルの切符券売機。縦横の線が交差するとこを押すようにすれば中心である欲しい切符が買える。

たけし:『映画をつくるのも因数分解』

●落語の世界。
気働きを究めることが精進になる。 “気を利かす。気を回す。”
師匠の様子を察して動く。ナレーションでは“最近はコミュニケーションが苦手な~…”

VTR後、
たけし:『浅草にいたときに 俺が師匠にガンガン怒られたのは、“笑われることではなく、笑わすことだからな。それだけは ちゃんとしておけよ。』って。 何もしないで外歩いて笑われる って、一番格好悪いぞ って。 スピリッツは教える。ってみたいなとこもあるから。』

●池上さん:『ニュース解説も因数分解。共通するものをカッコでくくる』

●再び3者対談。宮根さんが進行。
・勉強にお金は必要か?
鈴木:『上の学校に行くのにはお金がかかる。基礎の勉強をするのにそんなにお金はかからない。』

鈴木先生 VTR。
『学びの環境に必要なのは 恵まれた環境よりも情熱だ。』

たけし:『先進国の人は勘違いしている。頭は我々 良いと思うじゃない。とんでもない、同じ子どもだったら 後進国も先進国も関係ない。
    同じ勉強の機会を与えれば同じなの。どうやって勉強するか って、お金がなくてどうやって勉強するか という技術だって勉強だよ。どうやって先生に会って、どうやって聞くか。それも勉強の手段だから。』

鈴木:『本人がやっぱり面白いと感じるような 興味を持つような気持ちがあるか。』

宮根:『勉強って言葉がなんか厳めしい感じで』
池上:『強いて勉める でしょ。勉強は上から押し付けられてやらされるってイメージありますね。学びってのは自分から自主的にやろう と。』
たけし:『“勉強しなさい”とは言う。』
池上:『“学びなさい”っていう言い方はあんまりしないでしょ』

●学びは何のため?
たけし:『我々は感覚的に、無意味で何が悪い ってのがあってさ。 無意味な方がいいじゃん て。理由付けはいらない 社会の何の役にも立ってないかもしれないけど。“ためになる”って前提で勉強しなくていいと思う。ただ興味があるだけでいい。』

鈴木:『まったく同意見ですね。初めはこのことが役に立つとかじゃなく、その人が面白いと思うことが大事だと思いますよ。』

●“役に立たないこと”の賞。“イグ・ノーベル賞”を授賞された中垣さん。VTR

今年のイグ・ノーベル賞、粘菌を日本の関東の都市に配置したら主要な部分へ拡がりを見せた。
今はオジギソウを定期的に触ったら、周期を察知して勝手に閉じるかと実験。

中垣:『必ず何かの研究をする際に“この研究は何の役に立つ?”という質問とセットになっている。どういうふうに役立つか考えること自体はとても重要でいいんですけども、それがないと研究する価値がないのか というと、決してそういうことは無いと思う。』

●3者対談続き。学びとは何か?
たけし:『逆に言えば、学ぶことになった人は運がいい人だと思う。ついてるな とか、縁がある とか、我々の学生の時代ね、なんか なんか見つけなさい って言うけど、見つかんないんだよ っていうのがあってね。だから これだ これをやろうかな、と思うものが見つかった人は その時点でかなり運がいいよねって思っちゃうのよ。で、偉くなったり賞を貰うなんて、2コ3コ宝くじが当たるような 我々は 気がしちゃう。』

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

なんで今回から爆笑問題がいなくなってしまったのか。 とか、生放送じゃないんだ。 とか、2時間ちょいしか無いんだ…。 とか、思いましたが、さておき。

宮本算数塾 のとこで、『教えたがってしまう』というのは興味深かったですね。教える立場の人の教え方次第で、たしかに学ぶのがイヤになってしまうものですね。

私自身…というか誰だってそうだと思いますが、仕事してても率先してやってる方が良いですからね。あれこれ言わなくても「わかってるって!」って思ってしまうもので。

で、その後の尾木直樹先生の言葉にあった、『顧客』という表現。

これはこの前、内田樹さんのメディア論を読んだ時にもあったことですが、『最小の対価を払って最大のサービスを得る』だったかな。『お客様』にしてしまうコトによって傲慢さが増すという。同じことを尾木先生は言われてらしたワケですね。

でもこれの改善方法はどこにあるのでしょう。他者がそれを説いたところで『学び』にはなりませんものね。

落語の世界の、弟子が師匠について修行してたエピソードの中で、『“気を利かす”“気を回す”』という表現をされてたのがさりげなく良かった。…良かったというか正しいというか。“気を使う”という表現を・言葉を 用いてないのがね。“気を利かす”って 習慣になってない人だと難しいと思ってしまいますね。

また、ここで“最近はコミュニケーションが苦手な~…”ってこれは前に何かでも書きましたけど、コミュニケーションが苦手というか不必要な社会でもあったわけでしょう。

言わば極端になったというか。便利になってコミュニケーションを必要としないで買い物が出来るようにもなった一方で、介護職やサービス業、第三次産業と言われるものへの従事者が多い時代が今で。

昔は“ものづくり”がメインでコミュニケーションを介す必要が無く働いていた方も多くみえた一方で、たしかに小さな社会の繋がりがあったのかもしれない。…逆に村八分もあったかもしれないんでしょうけどね。

こればっかりはどんな年齢であったとしても出来る人は出来るし。出来ない人は出来ない。学びませんから なんとも。

たけしさんがその後話した浅草での話で、『“笑われること”と“笑わせること”』。…これねぇ、爆笑問題の太田さんがなんか爆問学問の中で表現について話してた中でなんかあったような~……。

注目や関心を寄せてもらえるなら、たとえ笑われてもいいから注目されたい。関心を向けてほしい。っていう。そういう考えもあったような。

学ぶ“理由”について、『無意味で何故悪い』っていう。これは便利じゃなきゃダメとか、結果が伴わないとダメという 故の考え方というか。

もちろん 結果を出してる人はいる。けど 結果を出してる人はいつだって結果を目標にしてないから。

ノーベル賞とる為に研究してるワケじゃないでしょうに。楽しいや面白いや、興味とかが先に立ってないと、物事は続かない。

けど 周りは結果を求めるし、いつでも“あなたの為”を強要する。

また、求められるほうは“結果が伴わないと、私の価値が暴落する”、“私は要らなくなってしまう”。“《意味のある私》でいなきゃ” ってなってしまう。

鈴木章先生も『役に立つとかじゃなく、その人が面白いと思うことが大事だと思いますよ』

って仰ってましたけど。それ自体は賛成なんですが、役に立ってないと無意味とされてしまう。《私》が無関心を向けられてしまう その恐さがあるんですよねぇ。

で、結局“学ぶ”とは、何か。じゃあ《私》にとって面白いこと、興味のあることって? …ってなると、結局結論は出ないというか。

『面白いこと』を足並み揃えて学んでいかないといけないのなら…強制じゃなくても“空気読め”的なコトとか …自分の関心の方向に向けなくなってしまう。

とすると、自分の中の孤独に、少し強くなってみないと『学ぶ』は始まらないのかな。と思いました。先ずはそこからなのかな? って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

“[コネタマ] 2010年の『感字』”

『省(かえりみる)』です。

(送り仮名ありますが漢字1文字だし。)

基本的に今年は去年の続きでした。

まぁ、昨年やり残したことがありましたので、それを続けていくというコトでもありますし。(ちなみにその『やり残し』の続きは終わらず、来年にまた続きそうですが。。。)

昨年の地続きでもあった というか。自分の行いを改めるというか、考え方を改めるというか。いや まぁ そんな大仰なコトではないんですよ。

失ったこともあったし、挫かれたこともあったので揺らいだりもしたんですね。

『ブレること』が正しいコトか、そうでないコトか それを問うワケじゃないんです。

ただ 今の私としては その つまづいて、改めて見直した時に あまりに先のコトに思いを巡らすんじゃなくて、『今 どうしておくべきか』 それを考えて 動けたんじゃないかなぁ って思いますよ。

『省みる』。 反省する。 省(はぶ)く。

振り返り、余計な考えを省く。

反省 って、失敗したことをとにかく考えて悩みの渦中にいるコトじゃないからねぇ。

ま 理想でもありますよ。

そこまでそんな なにかあっても『スパーン!!』と何でも切り替えできるものじゃないですから。(笑)

健康面とかね、自分のしてることととか。それを考える 契機になったのかなぁ と。

劇的な改善や良い転機などは無いんだけどね。

まぁ まだ続きますから。日々省みながら。ということで。

ブログネタ: 【イベント開催】2010年の『感字』を募集中!参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

“【カッコー】『カッコーの巣の上で』を聞いた。”

青さんの新バンド、“カッコー”のファーストシングル、『カッコーの巣の上で』を聞きました。

オンラインショップは気付いた時にはもうどこも無い状態で、密室ノイローゼにも在庫は無い と。

それを受けてすぐにタワレコに電話して在庫確認しましたよ。あぁ、良かった。

全 作詞・作曲が青さんで、シャラクさんが加わったことにより、メトロノームなりFLOPPYなりみたいにピコピコするのかと思ったら、完全な青節。

タイトル曲と2曲目は青さんらしいメロディの穏やかな曲調ではあるけど、歌詞は現実的という感じ。カリガリの“スクールゾーン”みたいな感じかしら。

諦観に対して 上からものを言うような残酷さも孕んでる感じかしますね。(特に“N氏は~”がそんな印象。)

そして3曲目、“Y談~”はパンクしてるというか、まさに毒。これはライブで盛り上がるんじゃないでしょうか。

今回2,000枚限定だったようで。lab.の頃は3,000枚は枚数あったと思いますけど。cali≠gari復活後に2,000枚は少ないと思いますよ 密室さん。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

“『アオイホノオ 5巻』読了。”

P.25~P.26

『身近な人間に~(中略)~「おめでとう!」などという~(以下略)』

ごもっともだ!!!!

アオイホノオ 5 (少年サンデーコミックススペシャル)  (5集)』を読みました。

…矢野健太郎先生、在籍してらしたんですね。

この巻のホノオくんは、自動車教習所で悪戦苦闘する話がメイン。

。。。。(笑)

なんという飢餓感。なんというタイミングの悪さ。

この、他人にしてみたらきっと 全然たいしたコトない事件が当人にとっては身を引き裂かれるように辛いんだよ。…という、

解るし!

でも笑ってしまうんだよ!!

という当事者と第三者の感度の違い。あぁもう。

おもしろつらいよね。これ。

一方、庵野さんは『ダイコン3』に関わっていくようで。深入りしていくのは次巻になっていくみたいですけど。これは楽しみです。

アオイホノオ 5 (少年サンデーコミックススペシャル) Book アオイホノオ 5 (少年サンデーコミックススペシャル)

著者:島本 和彦
販売元:小学館
発売日:2010/11/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

“『アイコンチキン カルボナーラ』を食べた。”

“『アイコンチキン カルボナーラ』を食べた。”
パスタでおなじみの「カルボナーラ」をチキンで☆ブラックペッパーとチーズの風味が利いたクリーミーなソースを、柔らかなムネ肉のチキンに絡ませ、ブラックペッパーが練りこまれたスチームバンズに、トロっととろけるスクランブルエッグ、ベーコン、モツァレラチーズと一緒にサンド。カルボナーラが楽しめる「アイコンチキン カルボナーラ」です!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

というコトで。

第4弾のこれが一番気になってたワケで。

冒頭にも商品紹介でありましたが、個人的にもカルボナーラは大好きですので楽しみにしてたのよ☆

パン自体が柔らかいし、中の鶏肉もしっかりカルボナーラにつけてあるから、柔らかくてスルスルと食べれましたよ。
とろとろの玉子も美味しかったですわ☆

これでアイコンチキンシリーズは終わりなんかな?
CMでは“出会いは続く”とあったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

“2010 Beaujolais Nouveau 解禁”

“2010 Beaujolais Nouveau 解禁”
今年もボジョレーヌーボー解禁で。今年もイオンの980円の“フィリップ・ド・メリー”を購入しました。

ほかにも安い、ペットボトルのボジョレーヌーボーもあるんですけどね。西友とか。ドンキが一番安いんやったかな?
フルボトルで600円未満だったような。

で、
解禁して1日明けて、『ペットボトルのボジョレは来年から禁止』というニュースを見ましたけど、
…昨年も同じニュースを見た覚えがあって、今年もこうして各社ペットボトルのボジョレが出てるから、来年もきっと続くんでしょうね。
ワインをあまり飲まない素人には、スクリューキャップでフタ出来る方が良いからね。一気に飲めないし。(瓶でもスクリューキャップのワインはあるけどね。)…結局空輸コストの面でペットボトルになるんでしょうが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

“【SADS】『DISCO』を聞いた。”

サッズのNEWシングル 『DISCO』を聞きました。

インタビューにもある通り、『7』に収録されている “GOTHIC CIRCUS”に近い感じの。

妖艶ではありながら、重く。ぐるぐると廻る曲。

詞自体には特にメッセージ性は無いようで 楽曲自体を愉しむ というものでしょうか。“DISCO”ってだけに。

B typeには“VISION”が収録。アタマのメロの部分はライブだと前後に揺れるなだろうなーというイメージが浮かびますね。サビのトコのメロディーだけが違ってるのでここでこの曲がポップな印象に感じます。

C typeは“SANDY”と“ナイトメア”のnew take。

私的には“SANDY”の方が好きですね。ま、前日にJACKのライブを見たからでもあるんですが。(笑)

“ナイトメア”は元々尖ってた感じの曲でそこまで大きく思うところは無かったんですが。“SANDY”は早いんだけどポップな感じで、もっと軽かったと思うんだけど、このメンバーだからか非常に重い曲になってるような。

A typeのDVDはレコーディング風景とPV。レコーディング風景というよりか談笑してるのが多く見てとれて、今のsadsが非常に楽しく 良い状態で活動してるんだろうなー と。

B typeのDVDはライブ映像。VIP onlyだからかハコが狭いからなのか盛り上がりがすごい。きっと今やってるツアーもこの熱気を解放してるんだろうな と思わせてくれますね。

DISCO(ジャケットA) Music DISCO(ジャケットA)

アーティスト:sads
販売元:avex trax
発売日:2010/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DISCO(ジャケットB) Music DISCO(ジャケットB)

アーティスト:sads
販売元:avex trax
発売日:2010/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DISCO(ジャケットC) Music DISCO(ジャケットC)

アーティスト:sads
販売元:avex trax
発売日:2010/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

“【J-POPショウケース2010 NEXUS ver.V】『JACK IN THE BOX 2010 SUMMER』を見た。”

『J-POPショウケース2010 NEXUS ver.V』として、NHK BS-2で15日と16日の夜中にやってたんですね。

内容は今年の『JACK IN THE BOX 2010 SUMMER』というコトで、録画して見ましたよ。

15日O.A.ぶんでは“カラス”から。初めて見れたなー。ケンゾのドラムはやっぱ良いね。美月やヒロトは楽しそうだけど、dunchは余裕なさそう? (笑)

当然、演った曲を全てオンエアするワケ無いなーとは思ってましたが、それでもカラスによる“魂のルフラン”は聴きたかったな。

LM.Cをテレビで見るのはMJ以来かな。1曲(☆Rock the LM.C☆)しかO.A.されないんだ…。

TETSUYAさんは曲の印象よりもMCというか喋り方がなんか面白かった。(笑)

そして隆一さんが。“Glass”もだけど、“Love is…”の冒頭でアカペラで歌ったトコはさすが!声量がすごいですわ。

15日に放送されたもので楽しかったのがD'ERLANGERのkyoさん。(今回はソロで。)

3曲演って(3曲ともO.A.された というのも嬉しいですが)バンドメンバーが変わるという豪華な。1曲目ではギターにhydeだし、2曲目ではギターとベースにシドの2人だし、3曲目は演った曲が“LA VIE EN ROSE”ということもあるのかムック全員と演奏という。なんと豪華な。

たつーもヴォーカルで一緒に歌ってるけど、こればっかりはkyoさんに完全に喰われてますね。(笑) kyoさんの声も良いし 見てて楽しそうなのがいいですねぇ。

16日放送ぶんでは、シドから。『“憐哀”の曲しかやりません』ってコトで。O.A.されたのは“お別れの唄”と“青”ですけど、どちらも懐かしい。この時期のシドは結構聴いてたけど、今のシドが昔の曲を歌う っていうのは初めて聴けましたね。

ギルガメッシュも1曲しかO.A.されないとわ。。。

そして圧倒されたのがsads! 日本武道館のライブDVDは見たコトありますけど、その時より音が凶悪になってる…。(笑) “EVIL”と“SANDY”がO.A.されたんですが、清春さんの声も楽器陣も強烈でしたね。

この後にはDEAD ENDが続いて放送されたんですが、なんとまぁ、豪華というか。16日オンエアぶんでは、 ゾロもO.A.されてて、新人から重鎮まで幅広いなー と。

トリはムック。前も座らせてたよね。何かのライブで。(笑。 球体だったかな。) “蘭鋳”はそういうのも含めて楽しいですね。

最後、出演者一覧が流れながら、MAVERICK DC ALL STARSということで“READY STEADY GO”も流れたんですが、なにこのゴチャゴチャっぷり。(笑)すごすぎですね。

こういうのを見ると、『なんであの曲O.A.してくれないんだよ』と思ってしまいますが、楽しさだけは見てても十分伝わるので、こうして見れただけでも良かったな と。

ただ たしか今年は“凛として時雨”が出演してたハズですが、時雨はO.A.無かったようで。それだけは残念ですね。1曲だけでも見たかったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

“[コネタマ] 手料理が上手そうな女性タレント教えて!”

小林聡美さん。

料理が上手そう というか、『かもめ食堂』のイメージというか、CMでもパンのCMに出られてるので、そういうの見てると その作ったものが食べたくなる っていうか。

手際とかよりも 料理してる空気感とかが好きなのかもしれないけどね。

ブログネタ: ゆうこりんより質問。手料理が上手そうな女性タレント教えて!参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

“【Perfume】『ねぇ』を聞いた。”

Perfume今年3枚目のシングル、『ねぇ』を聞きました。

前作と同時期に録られていたものだそうで、バッキバキ系のもの と いうコトでしたが声が乗るととても柔らかい印象で非常にPOPでキュート。

で、バキバキ系はどっちかというとカップリングの『FAKE IT』の方が強いですね。

曲の始まりからシンセのノイズがループする音で『edge』を思い出させるような。ライブ化けするような曲ですね。

歌詞的にも『FAKE IT』のほうが好きですね。本音と建前が交錯する想い っていうのがね。

初回DVDは『ねぇ』のPV。

CMなどでも何度でも見てますけど、NATURAL BEAUTY BASICの衣装を着て踊る姿はかわいらしい。いや格好だけじゃなく、ダンス自体がかわいい。けど複雑に絡みあっていて見ごたえがあります。

歌や曲だけでは足りない部分をいつもダンスや映像で魅せるので Perfumeはトータルでの表現力がステキですわ。

3人並んでヒールでステップするトコであ~ちゃんだけが笑顔だったり(JAPAN COUNT DOWNにて、本当は脚だけが使われる予定だったとか。(笑))、ソロで踊ってるシーンでかしゆかだけが猫と共演してたり。キュートですね。

東京ドームも好評だったようですし。DVDのリリースが楽しみです。

ねぇ(通常盤) Music ねぇ(通常盤)

アーティスト:Perfume
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2010/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

“『空手小公子 小日向海流 41巻』読了。”

空手小公子 小日向海流(41) (ヤングマガジンコミックス) (41巻)』を読みました。

とうとう小日向の復活試合が始まったけど、相手は黒い取引をしているため、試合自体よりもそことどう対峙する羽目になるのか と思ってましたが。

尾嶋さんがそれを気にかけて知らせに来たりとか、濱田さんも分かってて試合を組んでるなら まぁ、いいのか というか。 一線を超えたら許さないとしているのならそれはそれでキレた濱田さんも見てみたい気もしますが。(笑)

小日向の純粋さと相手サイドの黒さの対立みたいな感じにもなってますが、トンチャイを慕ってるヤスが相手サイドにもいるから、白vs黒みたいな単純な構図ではなく、グレーゾーンをどう表現してくるかも試合以外の部分で気になるトコです。

試合自体は今のトコ小日向がペース。器用に色々な人をコピー出来るからこそ、欠点もあるし、それが混ざるコトにも期待しているというのは面白いですね。

賭けでわざとトンチャイ自身が大穴になるように演出してた流れなので、次巻はガチの試合になりそうですね。

空手小公子 小日向海流(41) (ヤングマガジンコミックス) Book 空手小公子 小日向海流(41) (ヤングマガジンコミックス)

著者:馬場 康誌
販売元:講談社
発売日:2010/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

“[コネタマ] 自分を誉めてあげたいのはどんなこと?”

ん~とねぇ、例えば身近なとこからでいくと、このブログを毎日続けて来られてるコト。

『毎日続けよう!』と決心してから ずっと続けてきてるので、そこが先ず一つ。

そしてそれと関連するかもしれないんだけど、私って結構すぐ嫉妬しちゃうんですよね。恋愛的な意味じゃなくて、能力的な…っていうか。

身近に…近い友人に、すごいヤツが居るのでね、どんどんアイツは進んで行くんですよ。そいつに嫉妬するっていうか。ま、別にそいつに限らず、どんなヤツでも なにか一つの道に進んでて、そして尚且つ大きな成果を出してるような人を目の当たりにしちゃうと、『私ってなんだろう…』って思ってしまうんですね。

で、そこで誉めたいのは、“そこでブレずに居られるコト”。

すごく羨ましいんですよ。ヤツや ヤツに限らずともすごい人に対して。

でも 飛躍は簡単にできないんですよ。残念ながら。

だから今こうして毎日ブログを紡いだり、毎日仕事をして日々を紡いでいくコト。それに尽きますよ。 今が大事に出来ないと 先のコトも大事に出来ないかもしれないから。今、“先のコト”をちょっとずつ構築していけたら と。

嫉妬はしますけどね。人の成功を私も讃えられたら良いんでしょうが、そこまで私はオトナな対応できないんで。(笑) けど、ひがむんじゃなく。自分のコトを続けてくコト。

一日続いたらその日出来たコトを自分で誉める。その繰り返しで。

ブログネタ: 【賞品付き】自分を誉めてあげたいのはどんなこと?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

“『アイコンチキン ディアボロ』を食べた。”

“『アイコンチキン ディアボロ』を食べた。”
ヨーロッパで有名な料理「ディアボロ」をチキンに☆「小悪魔風」と呼ばれるこの料理は、ピリッと辛いディアボロソースが特徴!これを柔らかなムネ肉のチキンに絡ませ、トーストした粉チーズバンズにベーコン、チェダーチーズ、スライスレタスと一緒にサンドしました。ピリッとした辛さがくせになる「アイコンチキン ディアボロ」です!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

だそうで。

見た目は割と赤々としてる感じですが、そこまで辛くは無かったんですよ。
辛さで言うならラー油バーガーの方がヤバかったくらいで。

でもこれは商品の紹介文の通りピリッとした程度でしたね。

これで第3弾。次でラストですな。次のヤツは結構楽しみなのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

“【cali≠gari】『再教育改訂版』発売!”

最近cali≠gariのHPが“十一月十一日”と表示されてて。
多分、ファンにしてみたら大方の予想通りだったと思うんですね。

“解体”が“密室の世界遺産 第一弾”で、さらに発売した後に“冬に会いましょう”とありましたので、リクエストの多かった、過去の廃盤音源の再販。 再教育の再販となったんですね。

なんか素直な展開でcali≠gariらしくないというか。(失礼(笑))

まぁこの発売の発表が11時11分に公表されたコトとか、そのへんはやっぱ狙ってますよねぇ。(笑)

再販について たしか、解体 at 日本武道館の時にアンケートにありましたもんね。
私もそれに再販のリクエストに“再教育”って書いたし。(3つくらい欄があって、ほかに私は“極秘(FC更新特典ライブCD)”とか書いた気がします。

嬉しいのはライブDVDが特典で付いてくるコト。これは楽しみだー☆


…ところで注文してある“カッコー”のCDがなかなか届かないんですが、まだかしら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

“『PEACE MAKER鐵 6巻』読了。”

PEACE MAKER鐵 (6) (ブレイドコミックス) (6巻)』を読みました。

表紙は通常版は藤堂。限定版は3馬鹿。

限定版の表紙の方がこの巻を象徴していて良いですよねぇ。

実に5年ぶりの続編の刊行。正直 内容忘れてて読みにくいかな とも思ったのですが、この前書いた(といってもそこそこ前ですが…)当ブログ“『新撰組PEACE MAKER 3集』読了。”の通り、総集編のコンビニ本を読んでたので、それまでの流れと、第弐拾六話の冒頭は覚えてたので すんなりストーリーに入りました。

坂本龍馬殺害の濡れ衣を着せられ海援隊に追われる鉄。また藤堂の裏切りの騒動が後を引いて 屯所ではさらにいらぬ騒ぎが膨れてしまって…。

史実とか、あまり気にしないで(というか詳しくないので…)読んでおりますので、藤堂が新八と共闘していて、そこに左之が来て、ってトコであぁ、これは円満解決なのかなと思ったらグサり と。あぁああぁああ…。

3人が折り重なって座ってる見開きの画はねぇー…。

屯所の方ではなんだか展開があっさりしてて拍子抜けですよ伊東さん。なんかもうちょっとネチっこい展開がくるかと思いました。

今巻は斉藤さんのポジションがなにより面白かった。『見れて分かってる』自分が動かないでずっといたのに、とうとう動きだしたところは ね。

結果が見れていても経緯は違う。

経緯に向き合った時にしか生まれない感情もある。

ずっと沈黙していた斉藤が、鈴に刃を向けた時、読みながら 『ここで斉藤は死ぬ運命ではないよなぁ』なんて思ってたんですね。どれだけの力や卑怯なコトを鈴がしようとも。斉藤は死なない と。

けど、 今 ここにいる 斉藤が 市村鉄之助を救う  という決断には 鉄が生き延びるという結果以上の斉藤の勇気があってカッコよかった。

助けられたあと、鉄が斉藤に「新撰組 やめんなよ」と言った台詞のくだりは涙腺にキましたわ。助けられたのは斉藤の心。

経緯を共に歩む思いに謝辞を贈る。

『油小路編』はこれで終わりのようですが、『PEACE MAKER鐵』はまだまだ続くようで。『北上編』に続くそうな。

黒乃奈々絵先生にはこの作品をライフワークみたいにして頂き、この作品の平和な結末まで 末永く見守りたいです―――…。

PEACE MAKER鐵 (6) (ブレイドコミックス) Book PEACE MAKER鐵 (6) (ブレイドコミックス)

著者:黒乃 奈々絵
販売元:マッグガーデン
発売日:2010/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

“『MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP.3 完全版』【地上波 ver.】を見た。”

2010.11.10.O.A.

『MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP.3 完全版』のNHK総合で放送されたものをさっきまで見てました。

私はBS2の方で既に見てましたので、内容に関してはこの前書いた、

“『MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP.3 完全版』を見た。”で書いてるのでここでは割愛。

ま、1回見ててもね、また見る価値があるものでね。いやぁ、ツイッターでリアルタイムで書き込み見ながらMJも見てると面白かったですなぁ。

歌詞を追ってるのはともかく、高橋洋子さんの時に『魂のソフラン』とかw おまいら自嘲しろw TL遡ったら『油汚れ、襲来』とか書き込んでる人もいたし。www

MJのアニソンSP.4の出演者に関しては つい最近 May'nさんが追加発表されたばかりみたいで。

ところでこの時間はまだ近畿地方は放送中なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

“[コネタマ] 今年の”カー・オブ・ザ・イヤー”どれだと思う?【私に車の知識は無いです。】”

ブログネタ: 今年の”カー・オブ・ザ・イヤー”どれだと思う?参加数拍手

2010-2011 日本カー・オブ・ザ・イヤー」リンク先の各車種の写真が小さかった。。。

私は車の知識全然ないです!(じゃあなんでこのコネタマで書くか・・・)

乗れれば 割と何でもいいです。燃費よければ。。。。

ノミネートに無いけど、ダイハツのタントとかね。どうかね。

いや、なんとなくCMでトヨエツで思いついただけだし。

あと『バクマン。』的に。。。。。。そんなコトを思っただけです。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

“『2010 プロ野球 日本シリーズ』決着。”

なんだかんだで見てたんですよね。結構。

始まる前はロッテと中日なんていう地味な球団だから人気がないとか、視聴率伸びないとかで、中継の無い試合があったぐらいでしたが、第6戦、第7戦はホントすごかったなぁ。

や、でもね、今日に関しては中日が勝つと思ってたのよ。始めに6点入ってたし。けど河原投手がねー。デッドボールもあったからねー。

そこで並んで、さらにロッテが1点加えて このまま行くかと思ったら、9回の裏で並んで延長するとか。え、これ第6戦と同じコトになんの!?  とか思いながらね。(笑)

まぁ、結果的にロッテが優勝しましたけどね。いやぁ、すごい試合でしたよ。

ドラゴンズに勝って欲しかったのは、特別ドラゴンズファンってワケじゃないけど、第8戦というのが見てみたかっただけでもあるんですよね。

こんだけ拮抗したゲームがあるならもっと見たいからね。(ミスもあったけど、まぁ、それはそれでね。)それに本来 日本シリーズは7戦までしかないのが試合数が伸びるかも ってコト自体が面白いし。

フジテレビもよく2日連続で最後まで放送したなぁ。視聴率がどうこうありますが、こんだけ内容が面白かったんだから野球見てた人にしてみたら満足だと思うよ。第6戦とか映画が見たかった人にとっては辛かったかもしれんけど。(苦笑)

ロッテはおめでとうでした。中日もお疲れ様でした。なにより球場で応援してたファンの方々が一番『お疲れ様でした』ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

“『血界戦線 -世界と世界のゲーム- 2巻』読了。”

血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス) (2巻)』を読みました。

秘密結社ライブラのメンバーがメンバー同士を小馬鹿にしながら任務を遂行していくわけですが。w クラウスやギルベルト以外は女性メンバーから常に足蹴にされてるな。。w

なによりその世界観に惹き込まれるというか。チェスと将棋を合わせたようなゲーム『プロスフェアー』を異界の御仁とゲームや“ルール”を交わしてその勝負をする様はカッコいいですよクラウスさん。

後半は吸血鬼の件。本編そのものよりも、エイブラムスさんに魅力がありすぎです。初めてレオが会ったシーンからその“影響”に読んでて噴いた。w

レオは実戦向きではないけど、その能力が買われていたり、ザップといいコンビを組んでますなぁ。

荒唐無稽な世界観。異形の存在が出てくるだけで面白いですわ。(あとがき含めて。w)

血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス) Book 血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス)

著者:内藤 泰弘
販売元:集英社
発売日:2010/11/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

“『ONE PIECE GREEN』読了。”

『ONE PIECE GREEN』を読みました。

メインは扉絵連載で、各キャラのその後がまとめて読める という。

これは実にありがたい!

や、私ねぇ、この表紙連載て今までちゃんと読んでなかったんですよ。

単行本で話をまとめて読んでても、やっぱ頭に入ってくるのはメインのストーリーなので、表紙のストーリーはスルーしちゃってたんですね。なので私的にこれはすごく読みごたえがあって良かったです☆

ジャンゴが“戦争”に参加していたコトとか、はっちゃんとケイミーの話があってシャボンティ諸島での話に繋がってたコトとか、尾田先生どこまで話をちゃんと筋道立てて作ってたんだ?と。すごいなぁ。

表紙連載ではかつて敵だったキャラが主人公になるので、“主人公”に感情移入するので、ただの“敵役”だったんだなと思えてどのキャラも魅力的に見えますわ。

また、表紙連載以外のまとめページでも、“偉大なる航路(グランドライン)”を“楽園”と称していたコトがピックアップされていたり、ロビンが麦わらの仲間に対して呼び方を変えたトコや、後半のラフ・設定画のとこではルフィの名前の由来とか、かなり読みごたえのある内容でしたよ。(知らないこと結構あったし。)

60巻と同時発売で、新世界に向けての“まとめ”として適してたとは思いますが、一部61巻収録ぶんもあったので…っていうか単行本の構成的に“2年後”からを単行本の始まりにしてたらキリが良かったのになー、なんて思いますけどね。

これ読むとまた単行本を読み返して確認したくなるんだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

“『ONE PIECE 60巻』読了。”

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス) (60巻)』を読みました。

過去話、サボとの出来事の回想が終わり、今ジャンプでやってる2年後の話に向けた動きについて。

相手にしている世界が違う というか、天竜人に相対する構図がね。やっぱり面白いですね。 自由を求めて 国に・世界にサボはやられた っていう。

とことで思わず気になったのですが、『自由』の反対語ってなんだろうか?と。

で ググってみたんですが、『束縛』というのもあったんですが、『統制』というのもあるようで。『統制』というのは天竜人に支配されてるというコトになるのかしら。

エースが海賊になりたい理由を叫んでるトコがありましたけど、これはまぁ、ロジャーの子どもっていうコトで『生まれてきた意味』みたいなものに繋がってくる理由で良いんですが、そもそもルフィはなんで海賊になりたいんだっけ…。

シャンクスへの憧れ ってだけでは無いよねぇ。っていうか、そのエースの台詞のあとでのルフィが言ったコトが略されてるのはなんでなのでしょうか…。

回想の終わってからのルフィの「おれは 弱い!!」ってシーンは良かったです。無力感を感じると強くなりますけど、強くて今まで守ってきた自負があった上での無力感なので結構重いですよね。

その後、ジンベエが説得してるトコで、P.120の「それでは一向に前は見えん」って台詞のコマ、ルフィの心象を表してるんでしょうけど、ONE PIECEでこういう表現って珍しいなー、って思った。心の状態のイメージとか雰囲気とか『現実ではない表現』を今まで尾田先生はしてこなかったと思うんですけど。

後半は久々に麦わら一味が。ここからは『2年後』への布石みたいなものですね。

つか、登場人物紹介のページがちゃんとこの巻仕様になってたのが良かった。なにより別行動中の麦わらの一味が現在の状態で描かれてたのが噴いた。(笑)

ウソップが太ってたり、サンジが…アレな感じになってたりが。(笑)

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス) Book ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
発売日:2010/11/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

“『楽園Le Paradis 第4号』読了。”

楽園Le Paradis 第4号』をやっと買いました。で 読みました。

買いに行くの遅くなってしまったから 本屋に行ったら無いトコもあったからなぁ。。。

丁度真ん中へんに掲載されていた、かずまこを先生と、水谷フーカ先生の作品が良かった。どちらも続きものですけどね。

かずまこを先生の作品は不器用だけどまっすぐで読んでてニヤニヤで。(笑)ラストページだけカラーになってたのも良かったですわー。

水谷フーカ先生のは内面と表面で繕ってるものがあって「あーもー! あーもー!」な感じにニヤニヤで。(笑)

今回からの初参加で先ず木尾士目先生。ぢごぷりとげんしけんの中間みたいな感じとゆーかー…。作中でキャラが言ってる通り「孕ませゲー」的な? うん、まぁ、 『妊婦だが大丈夫か?』『問題ない』みたいな。(笑) そんな。w

もうお一人の初参加が あさりよしとお先生。面白かったです! 読んでて、メカ描写の巧い鳥山明先生がメカ描写(乗り物描写…だったかなぁ)の際に、『乗る場所と推進力は考える』というエピソードをどこかで見たような。(違ってたらスマソ)…というのを思い出しました。

で、その本編に出てきたメカがどう動くのかとかね。跳ねるっていう。そこが何より。

ほかの作家さんでは二宮ひかる先生は静かな情感がしっとり満ちてて良かったですし、巻末に掲載されてたシギサワカヤ先生の作品は途中までどうなるかハラハラでしたね。

今号から中村明日美子先生が掲載されてらっしゃらないのは仕方ないですが、また体調が万全になられたら復帰を心待ちしつつ。(“楽園くん”はチラホラとカットに出てますが。)

楽園Le Paradis 第4号 Book 楽園Le Paradis 第4号

著者:シギサワ カヤ,日坂 水柯,二宮 ひかる,黒咲 練導,沙村 広明,木尾 士目,あさり よしとお
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

“『プレミアムロールケーキ』を食べた。”

“『プレミアムロールケーキ』を食べた。”
ローソンの『プレミアムロールケーキ』を食べました。

CMでやってたのがなんか気になって。

スポンジが柔らかい食感…というのもですが、なによりクリームが美味しい☆
適度な甘さだし、クドいわけでもない、丁度良いのよねぇ。

チョコとかもあるみたいなので、また今度買ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

“『日本の、これから どうする?“無縁社会”』を見た。”

2010.10.30.O.A.

『日本の、これから。 どうする?無縁社会』を見ました。

【出演】さわやか福祉財団理事長…堀田力,厚生労働副大臣…小宮山洋子,慶応義塾大学教授…金子勝,作家…吉永みち子,批評家…宇野常寛,明治学院大学教授…河合克義,内閣府参与…湯浅誠 ほか

以下、番組を見ながらのメモ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

職場、地域――…の縁がありますが、一番多かったのは家族の縁について。
一人暮らしの高齢者の孤独死は472件。465万人。
60歳以上の自殺 71%が同居家族あり。

三宅アナ:「家族がなくて孤独。家族がいても孤独。」
宇野さん:「昔のドラマのようなコミュニティを取り戻そう ってわけにもいかない。」

包括支援センター:「声が聞きたいから と電話がある。(その電話主の)家族の人に伝えても、『今さら連絡もらっても困る』と。」

元会社員60台男性:「転勤してばかり。1ヵ所に4年も住んでない。地域との縁もつくれない。」

イラストレーター30台女性:「夜中まで続く仕事ばかりで、子どもと会う時間もつくれない。そんな仕事ばかり。」

介護施設支配人スウェーデン人30台:「福祉社会が出来てない。中途半端な」

厚労省小宮山さん:「縁が今までのカタチがなくなったら、新たな縁をつくりサポートしなくてはならない。」

高齢者の近所付き合い。“あいさつ程度。殆どない”合わせて57%。

ネット中継一人暮らし男性91歳。月に一度話す機会はある。読書やスポーツ。

宇野さん:「昔は大家族とかあったでしょうが、いい面だけだったかと、考えなければいけない。 結婚の自由もなかったこと。」

金子さん:「家族の解体が貧困を多様化させた。女性は年金が少ない。都会に出てきたらコミュニティもない。」

仕事について。
非正規雇用の割合 33.7%
未婚率 男性47.1% 女性32%

一人暮らしの高齢者は2030年には700万人になる推定。

僧侶:「縁が無いとそもそも私たち生まれてない。縁はあるけど それが機能してない。」

イラストレーター:「縁を見つけるためにもコストがかかる。」

視聴者からの無縁社会の改善案を紹介したり、番組の留守電に届いた声を紹介したり。

無縁社会を変える提言。
湯浅さん。地縁、血縁、社縁 以外の、“第4の縁”を確立する社会サービス。
模型で各機関が離れてる様子を表す。機関の関係が隔絶。
公的扶助、資金貸与。実は色々とサービスはある。
湯浅さん:「役所の人たちは自分の管轄の部署しか知らないので、パーソナルサポーターを。」

九州での話。
北九州ホームレス支援機構。
全国5ヵ所。

NPO奥田さん:「全ての事柄をコーディネイト」

頼らない人をどう救うか。放っといてくれと言う人は?
湯浅さん:「働きかけを繰り返すことで気持ちの変化が起きる。」

NPO奥田さん:「助けてって言っても『オマエの努力が足りない』と言われる。 出会いを絶やさない社会をつくる。選択肢をつくる。断定的に考えない。」

ゆくゆくは全国へ実施予定。ただ認知症の方とかはまだ。雇用に絡んでるのが今の状態。

淑徳大 結城さん。“おせっかいの復権”。
“赤い造花のバラ”→京都の街にて、玄関の軒先につける。夜になると外すが、夜じゅう付いてると異常。
“緑の回転灯”→団地のベランダに接地。なにかあれば鳴らせて知らせる。

もう一つ踏み込んだ、支え合いマップ。
団地の中のつながりを 線で繋いでいくと、つながりの無い家が見つかる。
プライバシーがあって入れないこともある。いらないと言われても介入し続ける。

但しプライバシーに関してはマップに関わる人のみで口外禁止。介入といっても井戸端会議で話になるくらいのもの。

福祉アドバイザー60台男性:「孤独死されちゃったら、プライバシーも何もないよ。」

元会社員60台:「昼から酒飲んでパチンコ行ってる人なんて救いたくないし。私の税金を使ってほしくもない。」

金子さん:「例えば 昼から酒を飲む人――…派遣村で金もらったけど酒に使っちゃったと。普通の働いてる人なら その日の酒はガマンできるけど、金を酒に使っちゃった人は次いつ酒が飲めるか分からない。その境目をどう我々がガマンするか。」

宇野さん:「なじみのない仕事、変な仕事してたりしてると、偏見されたりするから我々は地縁を捨てた。」

吉永さん:「孤独死がいけないことのように。放っといて 孤独死させてくれよ と。」

僧侶:「孤独死と…自殺 蛆や白骨化したものも対面。人間の気持ちは一定ではない。状況により、節度あるおせっかいは必要。」

明治大学教授 河合さん。“公的ヘルパー”。
寄り添い支援と、支え合いマップで救えない方。支援を拒む人。民生委員も拒む。

4日食べてなくて倒れてたとこを、定期的な見回りを続けてなんとかなった。…というケースもあった。

介護保険制度から外れた、民間のヘルパーでは介入できないもの。
ある離島ではガンの治療を拒んで一人で亡くなった方もみえた。
人間の命、尊厳を尊重したものを。

厚労省小宮山さん:「――…財源が伴うので、民間の力を如何に活かせるか」

河合さん:「認定は16% その内 実態は8割(13%)だけ。
     フランスの実態調査をしても、そんなにお金はなくても――…システムとしての実態をつくることが出来るハズ。」

スウェーデン人:「コストが多少かかっても、自治体としてやっていくべき。」

金子さん:「これは介護保険の前は措置制度というのがあって、老人病院とか児童福祉施設とか、いろんなものに強制的に入れて救ってきたわけですが、そのぶんが保険で申請主義になって、申請しない人が出てきちゃう。
     それからもっとい言えば昔は保険屋さんが色んなとこ回っていて、実際に公的な資格があって介入してきて 健康ですからね。当たり前のこととして介入してきた。それがなくなってる。
     ぼくは税金の負担を多少地方レベルで増やしても、こういう人たちを増やしていかないと。 例えば児童虐待とか。それから今言った老人の孤独死とか。いわゆる生命や尊厳に関わる部分をですね ちゃんと早期に発見する…ケースワーカーでも良いですし 保険屋さんでも公的ヘルパーでも良いんですけど、そういう専門職を充実させないと、人間的な尊厳が守れる社会にはならないと思います。」

親の介護中 女性:「……先ず 行政が実態を把握していないと。何も見えてないと。」
厚労省小宮山さん:「実態と言いますか、統計は取ってるんですが。今日言ってるような 縁が無いとか 数字に表れるものじゃない。実態をどのように把握するか 難しいこと。」
親の介護中 女性:「毎年 その 政府は実態調査やってると思うんですけど、昔の質問事項を踏襲した上で数値が出てると思うんですが、それに載らない人がかなりいるということに その実態が把握されてないと捉えられる。」
厚労省小宮山さん:「お金をかけて大規模な調査をするというよりか、地域の中で色んな声を上げてもらって…」
親の介護中 女性:「でも 声を上げられない人はいるわけですよね。」

三宅アナ:「公的な介入があった方がいい。でも負担が発生する――…」
NPO奥田さん:「制度とかシステムの問題ではなくてですね、もっと本質的なことで 人間の幸せとは何かとかですね 人が生きるって何なのか そういう価値観。そもそもその議論をしないと、何が何に対してコストが高いのか 基準がないと思うんですね。おおもとの議論がしっかりしなきゃならない。
   と、公的な支援との問題ですが――…自己責任論としきりに言われて、しかしそれは結果的に公(おおやけ)の責任を曖昧にした。社会の責任を曖昧にした結果だと思うんですね。 しかし公がしっかりと責任を果たすことで、個人は自己の責任が果たせるようになっていく。だから公の責任か 個人の責任か 二者択一でなくてですね、公の責任をしっかり果たす時に、個々人がしっかり責任を果たせる選択肢が拡がる。私はそんなふうに考えてるんです。」

三宅アナ フリップ。介護保険を利用しない理由。人の世話にはなれないが73%。利用料の1割負担が重いが40%。

湯浅さん:「介護保険の話だけでなくて、私たちのところに相談に来る人はみなさんそうなんですが、小っちゃい頃からずーっと人に頼らず生きてけって言われ続けて大人になってるので、頼っちゃいけない っていうふうに もう 深ーく思ってるっていう人は 高齢者 中高年 若者にも とても多いというふうに感じてます。」

締めくくりに と、『変わる“家族のかたち”』のグラフ。今は単身世帯と夫婦・子ども世帯の転換点で、単身世帯が上回った。
2030年には単身世帯が37.4%夫婦と子世帯が21.9%。

吉永さん:「今までの社会が、血縁、地縁、企業(社縁)に如何に担わせてきたか。個人で安心できる社会を如何につくっていくべきか 考えるべきなのかと。」

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

番組内容についてはググれば私より詳しく書いてる方がいらっしゃると思いますのでそちらをご参考下さい。

第2部で解決策を提言されてたお3方はそれぞれ良いと思いますし、それはそれで続けてみるべき 良いコトだと思いますよ。

で、ですけど、

結局、『無縁社会』の 何が問題なんでしょうか。議論の根本がよくわからない。

一つは年を重ねての孤独死。 ですが、それまでそこそこ順調に生きてきたけど、配偶者に先立たれ、子どもも居なくて――…っていう。

もう一つに、若者であろうと、中高年であろうと、仕事が無い、お金が無くて生きていけない。

一番の問題は自身、もしくは家族に病気や障害を抱えてる人がいる場合。……これで身寄りや相談できる相手、助けてくれる人がいないと辛い。

“生きていく上で 身動きとれなくてどうしようもない。” という場合と、 “生きてはいけるけど孤独、心を開いて話す人もいない死んだら誰にも発見されないだろうな。” は、別。

前者はホントに対策すべきだし。仕事の形態についても、仕事の為に私生活が犠牲になってたりして、困ってる時に周りに助けを求めにくいとか。就活とかでも職を 選 り 好 み しな い で 必死にさがしても無い場合は助けるべきだと思うの。

けど後者は違う。番組中にもあったかもだけど、若い人でも一人暮らししてて、風呂で転んで頭打って死んでしまったら、それで数日発見されなければ それも孤独死になってしまうでしょうから、孤独死は高齢者だけの問題では無いですし。

独りの寂しさについてとかは………、う~~ん、どうなんでしょうね。

そもそもね、人(他人)が、“自分に対して関心を持ってくれてるのが当たり前”だというコト自体がなんか違うというか。

“当たり前”だと 勘 違 い してしまう一つが赤ん坊の頃、幼児の頃、当然何も出来ないから親なりの庇護者がなにかしらずっと面倒を見てくれる。なにかしらの関心を寄せ続けてくれる。

けど、親以外は違う。

そこから友達とかを作っていくのは、趣味が同じとか、共通する敵(クラスのなんかムカつくヤツとか)がいるからとかで友達を培っていったり。社縁でも、仕事のために同僚と目的の仕事ために話したり、上司の愚痴を言ったりして仲良くなっていくわけでしょう。(笑)

で、“縁”自体についてですが、番組中、僧侶の方も言っておられたように、『縁はあるけど機能していない』と。 

“袖擦りあうも多生の縁”という言葉があります。たまたますれ違った人ってだけでもなにかしらの縁のある人なんですよ。みたいな意味でいいと思いますが。

“縁が機能する”とはどういうことなんでしょうね。

『”私”と“あなた”が好意的に関わる』というコトになるのでしょうか。

例えば、「ちっとも彼氏ができない。縁がない。出会いがない。」というのは、自分にとっての『好意的な縁がない』。多分彼氏が出来ない間も、そこそこ話す男性はいるでしょうが、別にイケメンではないし、趣味合わないし とか、そんな理由で“縁”という枠組みから漏れてるんでしょうね。その“彼氏縁”みたいなのから。

とすると、縁は機能している が、縁を自身で活かしてない となるのでしょうか。

NPOの奥田さんがサポートしてる人の背中を押して面接に行けば?としてた時も、渋ってたのは何でなんだろう。何かの仕事に対して特別なトラウマでも持っていらしたのなら仕方ないかもしれませんが。

ハローワークで仕事の一覧見てた時も一つの縁だったと思うんですけどね。(言いすぎ?しかしそれとは別に結局面接行ったけどダメだったというのは、やっぱり30半ばで採用してもらうのは厳しいな という現実をただテレビで知っただけにもなってしまうようなー…)

公的なヘルパーについての中で、金子さんが各家庭に介入するコトについて、個人的には高齢者のコトではなく、児童虐待の防止に繋がることが結構重要だなと思いましたね。

各家庭の事情などで、自分で実態の手を上げられない 子どもが助かるためにヘルパーでもホントなんでもいいけど介入できる権限を持つ人がいたら というのはね。

その介入についてもあまり美徳されすぎてもいかんというか、宇野さんが言ってらしたことにもありますが、昔の大家族には大家族なりの問題もあったでしょうし、それと昔は結婚も恋愛結婚では無かったですし。

美輪さんがよく言われる『腹六分のつきあい』とかね。

少々話が脱線しますが、未婚率の上昇と少子化についてですが、なんだか政府的にこれが問題なのは経済的損失という感じで、無縁社会と同じ舞台の上で議論されるのはまた違うような気がしますが。

…厚生労働省の方が出演されてましたが、表層で喋っておられるようで厳しいコト書きますが無縁社会に無縁なような印象をお見受けしました。

NPOの奥田さんが後半に言われてらした、「人間の幸せとは」とか、そちらに議論が行ってしまうと哲学的なほうになってしまって収拾がつかなくなるような気がしますが。(笑)ま、それに何が幸せかとか子どもから聞かれてちゃんと応えれる大人がどれだけいるかわかりませんが。(何がちゃんとした答えなのかもわかりませんけどね。)

なんにせよ生きるコトはコストがかかりますよ。育児費、学費などや、病気に罹ったりしたらね。そりゃあね。

でも割と日本てそこそこちゃんとしたサービスあるし、アメリカとかと違って保険もあるし。多分、縁の機能もそこそこ働いてると思うんですよ。

だけど空虚。自殺が多かったり、幸福度のランキングでも下のほうとか。

生きるコストに縁が邪魔してるとかね……。暴論か? 『みんなが○○だからそうじゃないと不幸だ』みたいな。(この考えも日本的だよね) 物が無いと…っていうコトもだし、“そういう(なにか縁ある人での好意的な共通項)人間”じゃないと不幸だ…っていう。 それは“しがらみ”というのかな。

なんにせよ私からは、病気や介護で生活が困窮してる方にとって、救済策となるようなものなら、どんどん良縁が循環していってほしいなぁ と願います。

無縁社会 Book 無縁社会

著者:NHK「無縁社会プロジェクト」取材班
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

当ブログ内 関連。↓

“NHKスペシャル「無縁社会~『無縁死』3万2千人の衝撃~」” を見た。

“『追跡!A to Z 無縁社会の衝撃』を見た。”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

“【ニュース】『働かざるもの食うべからず?』@リアルライブ”

以下、記事抜粋。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

2010年10月28日 15時00分ホーム > 社会 > 記事働かざるもの食うべからず?
 もう全員が働かなくてよいかもしれない、というブログ記事が話題となった。

 今の世の中は、楽しむための社会、無駄を享受するだけの社会に変わってしまったから、それを維持できるような高付加価値のある仕事しかもう要らない、高付加価値を生み出す仕事の生産性を上げるためには、生産性の低い仕事や単純労働部分は機械がやらないといけない。

 そうすると人間のこれからやる仕事は機械の開発とオペレーションだけだから、ムリに人間に仕事を与えてきたような企業の存在の必要もない。

 もう働かなくてすむ世界と観念して、働くことはあきらめ、機械の効率性ゆえにちょっと働けば今までとおなじだけ働いたことになるのだったら、それ以上苦労する必要がないから楽しむための世の中についていけない貧乏な人は、一旦休んで静かに暮らしてはどうか、という論理だ。

 ブログの筆者は、苦労を美徳としない世の中にするのが大事で、さようにのんびり暮らす中で新たに面白い仕事を増やすのが急務だろう、と今後への提案もしている。

 「民主党の考える雇用の重点分野は貧困者、新卒者などでしたが、そういった方々への緊急雇用創造プログラムは実施済みです。これからは高齢者や女性にも格差のない就業機会を実現し、どんどんチャレンジしていただきたい。それと真っ向対立しかねない考え方ですよね」(民主党議員)
 と 反応はすげないものだ。

 民主党の2010年の最新のマニフェストには、今後の雇用対策について、

・2011年度中に「求職者支援制度」を法制化するとともに、失業により住まいを失った人に対する支援を強化します。

・非正規労働者や長期失業者に対して、マンツーマンで就職を支援する体制を整備します。

・高校、大学などの新卒者の就職を支援するため、専門の相談員の配置や採用企業への奨励金支給などの対策を強化します。

・同じ職場で同じ仕事をしている人の待遇を均等・均衡にして、仕事と生活の調和を進めます。

 などとあるが、いずれも既にボロボロに問題が顕在化していることばかりであり、新しい雇用社会の構築という面についてはノーアイデアであることも窺われる。

 ためしに働くのをやめてみるという考え方は面白いが、やはりその後の保証はなんにもなさそうだ。 

http://npn.co.jp/article/detail/47704462/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

これの記事の元のブログって何処なんだろう…。ググってもわかんなかったよ。

まぁ、なんにしてもそんなコトは無理というか。確かに働きたくない気持ちになったりするコトもありますが、働かずに遊んだり引き篭もってばかりいるのも鬱屈するものですよ。

ワーカホリックになってはいかんけどね。日本人はそういう傾向あるから。

あとね、仕事自体の傾向もサービス業が多くあるからそこの需要はどうしても要るハズなんですよ。ただ給料は少ないし、顧客のニーズが多様化すぎるのでそれに応えていくのが大変だし。それでストレス抱えて悪循環が起きたりね。

記事中の“高付加価値のある仕事”って何だ…。老舗のものづくり職人さんや、上記にも書いたけどサービス業くらいしか思いつきませんよ。介護とか。小売り接客販売業とかね。

2chとか2chのまとめスレをざーっと見ましたけど、社会保障がいつまで大丈夫なんだろうとか、“働いてる人が働いてない人への不満”とかがね。

最近、マガジン9条で雨宮処凛さんのコラム、

「誰かが自分より得・楽してるっぽい」問題。の巻を読んでね、公務員バッシングについてとか。働いてる人の実態すらわからないで文句を言うこともあるのに、本当に働かない人がラクしてたらホントに文句や不満は爆発するでしょうね。

…まぁ、体裁上働いてる人の実態見て 「働いてないじゃねぇーかオマエ」って言うコトも ままあるでしょうけどね。w

元記事について戻りますけど、ただ確かに“苦労が美徳”では無いですよ。どっちみち放っておいたって勝手に苦労はしますし、誰かの言葉ですけど、『頑張ることは 無理して頑張ることではない』って言うし。

極端と極端にならないように(経済的な格差もだし、考え自体も)。中間色をどう染めるか だと思いますよ。(それがいつも困難な様なんですが…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »