« “2010.05.07.” | トップページ | “『金魚屋古書店 10巻』読了。” »

2010年5月 8日 (土)

“『フニオチ手帳』読了。”

ふかわりょう 著、『フニオチ手帳』を読みました。

世の中の『腑に落ちない』コトをまとめた、辞典的な内容。

ただ、『腑に落ちない』からといって、怒りとか批判的な内容ではなく、“はじめに”にも書いてある通り いたって前向きな内容。

寄稿されてある、川上未映子さんが そう簡単に腑に落ちてたまるものか 的なこの表現を 非常に面白がって捉えているあたりが、実に“なんだかわからないけど肯定的”で楽しいです。

また それは“あとがきにかえて”で、ふかわ氏が書いてあるコトで、諦観していながら達観しており、これほど疑問を持ちながらも前向きであるというのは たいへん稀有で素晴らしいものだと思います。(絶賛していますが、『フニオチ』に“絶賛”は合わないよね。)

330ページを超える分厚い本でありながら、各ページに『フニオチ』なコトを大きく1つと、下部にその解説的ツッコミコメントがあり、サクサク読めました。

読んでいて、「あるあるww」と思うものから、実に風刺的で、笑えない、警鐘とでも取れるような(森達也さんの本を読んでいるかのような)ものもあり、広い意味で楽しめました。

ちなみに私がこの本 読んでいて一番『フニオチ』だったのは、

巻末の メモ欄。

…使わないでしょう。(笑)

フニオチ手帳 Book フニオチ手帳

著者:ふかわりょう
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« “2010.05.07.” | トップページ | “『金魚屋古書店 10巻』読了。” »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/34576269

この記事へのトラックバック一覧です: “『フニオチ手帳』読了。”:

« “2010.05.07.” | トップページ | “『金魚屋古書店 10巻』読了。” »