« “『DIR EN GREY:激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇』を聞いた。” | トップページ | “2009.12.15. あと、FILE093 を少し。” »

2009年12月14日 (月)

“『九段坂下クロニクル』読了。”

一色 登希彦 , 元町 夏央 , 朱戸 アオ , 大瑛 ユキオ の4名による共著。

九段坂下クロニクル』を読みました。

私はIKKI読者なので、この作品が“イキマン単行本部門”で引っ掛かった時から、『単行本化に向けて鋭意製作中』を通して気になっていまして、出たら買おうと、ずっと思っていました。

何よりこういう企画が好きで。

よく竹熊健太郎さんの『たけくまメモ』では、出版業界不況についての記述が多く見られるのですが (…こういう話の振り方をして このエントリと話が繋がってるのかは微妙ですが) 、単行本でいきなり というコトは、原稿料が出てないんですよね。(先行掲載された、“ごはんの匂い、帰り道”は どうか知りませんが。)
同人作家のオムニバスのようなもの(?)を、ちゃんとプロの編集さんと作品を一緒に作った っていう。意図が面白い。好き。

雑誌に売れる作品があると、雑誌じゃなくて売れる作品の単行本ばかりが売れるから、雑誌の売り上げが伸びないとも言うけど(モーニングでの“バガボンド”とか? 最近のモーニングの売り上げは知らないけど)
こういう手法は雑誌にどう影響するんでしょうかね。

本書の感想ですが、“此処へ”が一番好きです。オチはなんとなく予想ついてましたが、経過が好きです。…なんというか…、無様なまでにも“幸せ”に執着するさま というものが。素敵です。
この話での 幸子 の“幸せ”と、次郎 の“幸せ”は、多分 別々の価値観のもとに作られた“幸せ”だと思うけど、“価値観の違う幸せ”が近付いていく“幸せ”もあるのかな? と考えたりしました。
良い作品です。

建物をモチーフにしたオムニバスですが、相変わらず生きるコトを揺さぶる作品は素晴らしいです。

いつまでも“当たり前”に疑問符をぶつけるものは良いですね。この企画も含めて ね。

Book 九段坂下クロニクル

著者:一色 登希彦,元町 夏央,朱戸 アオ,大瑛 ユキオ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« “『DIR EN GREY:激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇』を聞いた。” | トップページ | “2009.12.15. あと、FILE093 を少し。” »

漫画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/32602037

この記事へのトラックバック一覧です: “『九段坂下クロニクル』読了。”:

« “『DIR EN GREY:激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇』を聞いた。” | トップページ | “2009.12.15. あと、FILE093 を少し。” »