« “『FILE085:ハトはピカソがお好き?』を見た。” | トップページ | “駄文 5” »

2009年10月 6日 (火)

“『金魚屋古書店 9巻』読了。”

芳崎 せいむ 著、『金魚屋古書店 9 (IKKI COMIX)』を読みました。

前巻の“香港漫画”の続きから、百合な話など。

個人的に好きだった話は、58話の漫画ライターの話と、63話の赤本漫画の話。

ささやかな幸せとか、良いんですよね。現実の大変さに呑まれそうになるけど、見る人は見ててくれたり。

また、赤本のほうは名前が後世に残らないっていうコトで…。それでも読んで、喜んでくれた人が居るコトは幸せなコトなんだろうねぇ。

また、巻末の雑記帳に、“漫画ライター”と“評論家”は違うというコトが書いてあった。
実際このブログでも漫画の感想書いてますけど、好きな、気に入った漫画について勝手に書いたりね。また私自身も そういう感想のサイト見たりね。
漫画について“語る”とは違うかもしれないけど、感想サイトを見て面白そうな漫画に出合ったり、共感したりを繰り返していくのでしょうね。

Book 金魚屋古書店 9 (IKKI COMIX)

著者:芳崎 せいむ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« “『FILE085:ハトはピカソがお好き?』を見た。” | トップページ | “駄文 5” »

漫画・アニメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/31670339

この記事へのトラックバック一覧です: “『金魚屋古書店 9巻』読了。”:

« “『FILE085:ハトはピカソがお好き?』を見た。” | トップページ | “駄文 5” »