« “[コネタマ] 今まで読んだ本の中で“賞”をあげたい一冊は?” | トップページ | “『FILE 078:やっぱり、みんな有罪ですか?』を見た。” »

2009年7月24日 (金)

“『オーラの泉 2009.07.18. O.A.』を見た。”

『オーラの泉 2009.07.18. O.A.』を見ました。

以下、メモなど。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


トークゲストは、三倉 茉奈さん・佳奈さん

スピリチュアルチェックの最初の3つは姉の茉奈さんが事前に質問に答えていて。佳奈さんの答えが茉奈さんの答えと最初2つの質問がかぶってたり。

茉奈さん・佳奈さん、「衣装ですか?」って聞いたり、「いやぁ~そんな事ない」って答える時にハモる。だけど江原さん、
「意外な展開になるかも」と。

VTRで2人の紹介。7分早く生まれた茉奈さんが姉。同じ幸せが訪れるようにと願い、名前は姓名判断で 同じ8画の字を付けられたという。

双子でイヤなことは、すぐ2人が比べられること。ピンで仕事をしたこともあるけど、1人で現場に行くと、
茉奈:「半分のコが来た。 みたいな。」

スピリチュアルチェックで茉奈さんは顔が丸いのがコンプレックスと。

美輪:「写真はどうでもいいの。福運があれば。ここが丸いと福運があるのよ。お金が入るんだぞ!銭っこ入るど!」

昔に比べて性格が違ってきているという点について、
「双子だから似てるものと思い込んでた」
「似てないといけないと思ってた。」

佳奈:「逆に違うことに目を背けていたんじゃないか ってことに気付いて。」

髪型を長い短いにして、2人違うようにしたのは人生で初。それが楽しいと。

国分:「その楽しさ って何?」
佳奈:「「自分は自分なんだ」っていう楽しさ。」
茉奈:「自分を手に入れた感じ」

江原:「双子さん って言ってもね、魂は別なんですね。前にもこの番組でありましたけどね。魂は別ってことが多くて。だからそういった意味では違かったりすることもあるから、ほとんどだから、それは悪いわけではないんですね。
    ただお2人の場合ね、それもまた面白いことでね そういうふうにいつも同じで、意識しちゃってて、だからあえて今 目覚めて 違うようにしてるかもしれない。
    けれども、それでも無理してるって事ない?」


日本で話題になった 双子の色々なエピソードを紹介。
茉奈さん・佳奈さんも、お2人のお母さんからのエピソードを紹介。

江原:「特に ほかの双子さんに比べて、強い結びつきがある。」


浅野八郎さんという手相鑑定の方に、茉奈さん・佳奈さんの名前を伏せて手相を見てもらう。

浅野:「これは…双子の手相だと思いましたね。しかも、一卵性双生児だと思う。」
   「手相くらい違うものは無い。さまざまな違いがある。」

鑑定の結果、全体的に佳奈さんは安定というか順調というか。茉奈さんは大変な感じというか。


で、

江原:「ここから解禁なわけですね。」

と。

江原:「基本は双子でも魂は別なんですよ。ただお2人は前世でも双子だった。だから普通よりも同じ行動をとる。 不思議。初めて見るケース。
    もちろん魂のルーツは別になってくるんだけども、なぜ茉奈さんはネガティブで、佳奈さんはポジティブなのか。」

   「なぜ、茉奈さんの方がネガティブかというと、早くに亡くなられているんですね。妙に心配性になってり、どうせ私は不幸になっちゃうんじゃないかな とか。
    (前世で)それ以降、妹さんだけが残されて、1人の人生になったけど、私は2人で1つだったから楽しくない。だから もう一度姉妹になりたいということで生まれてきた。
    佳奈さんは「自分だけ」がイヤ。過去生で自分だけ生き残ってしまったというのがあるから。逆に茉奈さんは色々経験してみたい。早くに亡くなっているから。無念があるから。気持ちの上でのレパートリーが広い。」

“マイナス思考に陥りがちな茉奈さんに大切なメッセージが”

茉奈:「え、それって、前世で おの、私が早く亡くなってるから、マイナス思考になりやすい ってのは もう一生…。」
江原:「そんなことはない!」
美輪:「それが前世でね、今世に持ち込んだ宿題なのよ。その宿題を、どう君は処理するね?っていう。 だから、ものの考え方で…、マイナス思考で、波乱万丈で、ドラマティックになっていく…。それは何故なんだろう。
    その原因は、こっち(佳奈さん)はずっと生き残って長生きして、私(茉奈さん)自身は前世で早く死んでてね。死にたくない、死にたくないと思いながら死んで。で、儚くて。もっと生きたかったとか、色んなことがあってね、また不幸がいつ訪れるかわかんない という。
    あ、これ前世の思い込みのトラウマだったんだな。と 自覚すればいいの。」
江原:「そう。」
茉奈:「…ん~…その通りですね~…」

茉奈:「中学くらいの時に、ふとね 「あ、私、まだ生きてる…」と思ったことがあるんです。で、そこから…やっぱりそこに ハッて。
    私 中学の時に、そういえば まだ 生きてれたなぁ、と思ったことがあって。そこからずっとなんか、私はすぐ死ぬんじゃないかなとか、もうあと1年2年生きてないんじゃないかな とか。ずっと思ってて今も。数年先の自分が想像できないんです。怖くて。」

(途中、横で驚いた表情を見せる佳奈さん)

美輪:「強迫観念があるんでしょ?」
茉奈:「大人になった自分が想像できなくて。」
美輪:「だから、それを江原さんが指摘して、その通りだったわけじゃない。」
江原:「その若さの時から 先 生きてないんだから 前世。」
茉奈:「だからですか――…」
美輪:「だからその強迫観念を引きずってるから 何故 今世でまた2人で生まれてきたか それを今回ね 片付けなさい ってこと。」

江原:「佳奈さんは ほら あの 寿命まで生きたから そういうあれが無いの あんまり。明日死んじゃうとか。そういうのは無いの。」

江原:「だからさっき言ったように切り替えが早い。だけども茉奈さんの方は、今 美輪さんが言ったように引きずるの。これ理解したらば 怖くなくなるの。」
美輪:「だから原因は、前世のそういうことだったんだな、と。ね。そしたら今世は もう そうじゃないんだから。じゃ、その前世の記憶を引きずって、それに打ち震えて、不安がってね、強迫観念を持つのがばかばかしいことだから、これは前世で経験した、一つの科目は修了したんだから。それはそれで 終わり。」

江原:「そしたらお腹の調子が良くなる。」
   「あのね 2人だってね その、よく似てたってオーラは違うんですよ 全然。特に健康を表すもの。で、言ったらば お姉ちゃんの方は茉奈さんの方は 消化器悪いのね。だから そういった意味ではちょっとこう、精神面がくよくよしたりとか……こう…。それは警告なの。自分の魂が体を通して表す警告。
    ほらまた そういう考えはやめなさい っていうヤツなの。これからも覚えておいたほうがいいですよ。あ、きた って思うから。」


冒頭で美輪さんが気になっていた、双子についてる守護霊様とかは2人一緒なのかどうかに関して、江原さんは、
2人一緒に見守っている存在として、前世での母親。なかなか子どもが授からなかったが故の理由もあって、観音様にお願いしたり。
それと今生のおじいさん。が共通して見守ってます。と。

佳奈さんの守護霊は若侍。男っぽい。潔い。
茉奈さんの守護霊は西洋の白人の女性。マリアさまを信仰してた。と。

オーラの色は茉奈さんが前面に青で、赤も持ってて。
佳奈さんは前面に赤で、青も持ってて。互いに補い合うオーラ。

前世の話を始めた辺りから、言動がシンクロしなくなってきてる。

茉奈:「や、ホントにもう、昨日か一昨日くらいにまた どうやったらマイナス思考を直せるか すっごい悩んでたんです。」

江原:「それで あの 守護霊さんから一言だけ茉奈さんにメッセージ言っておきますよ。「大丈夫よ あなたは愛されるから」
    そのことをずっと、気にして気にして…。そのことが一番の悩みだったみたいで。 だから あの 一言だけ伝えてあげて下さいって。言ってるから。大丈夫よ あなたは愛されるから大丈夫よ。幸せになんなさい って。」
茉奈:「ありがとうございます。」

美輪:「お2人もね、だから最初に申しあげたように全く違うの。…画数も同じように付けられた…」
茉奈・佳奈:「あ…はい。」

美輪:「色んなね、画数の数え方も流派があるのよ。だからある流派では同じかもしれないのよ茉奈・佳奈がね。」
(画面下に註釈:旧字体で画数を数える姓名判断では『茉』は画数が増える。)
美輪:「でも私たちが学んだ方でやると、全く違う名前になるの。」
国分:「画数が違うわけですか?」
美輪:「全く違うの。だから違う人間であって当たり前なの。
    だからそれを意識することもないし、そうだからそうじゃなきゃいけないみたいな ね。なんでも決め付けるのはやめなさい ってこと。 全部 自然体で。なすがまま。あるがまま。ケ・セラ・セラ。なるようになる。それでよろしい、っていうこと。」






番組後半は『街のオーラ』。銀座を歩く。
国分・美輪・江原でのロケで。先ず3人は『豊岩稲荷』へ。

ビルの間の石碑のある、狭い道を通っていく。龍神系の神さまらしい。

二手に分かれる。国分・美輪と、江原・エドはるみ で。

国分・美輪で、『トラヤ帽子店』へ。色々帽子を試して、美輪さんに買ってもらう。

江原・エドは元祖カツカレー『グリルスイス 銀座本店』へ。

次に 元祖あんみつ『銀座・若松』へ。
あんみつはパワーフード、と。

国分・美輪は お箸の専門店、『箸 銀座 夏野』へ。

美輪:「日本だけは『お父さんのお箸』っていってね。誰も使っちゃいけない。それが父親の権威をみんなに知らしめて それを保つためにそういうのがあって 次にお母さんのお箸。子供たちのお箸 と。
デザインも色も、焼き物も全部違うんですよ こういうのは世界の歴史で無いんです。
だからね、いかに日本が食文化で洗練された素晴らしい文化を持ってるのか、その一つの象徴がお箸なわけでしょ。」

国分:「美輪さん、普段どんな箸を使われてるんですか」
美輪:「私はもう すべからく…。色んなお箸が山のようにありますよ。それで食事のたびに自分でこう 選り分けて、食事に合ったような箸を使う。」
国分:「えー、食事に合わせて 箸 変えるんですか!?」
美輪:「そりゃそうですよ。その方が楽しいじゃない」

江原・エドは『ギンザ グラッセ ベリーカフェ』というケーキ屋へ。


そしてまた国分・美輪・江原で『東宝ダンスホール』へ。
マンボを踊るのに国分さんが挑戦。
けど最後は美輪さんが全部持っていった…。(笑)

次に銀巴里の跡地。石碑のあるトコへ。
歩いてると銀巴里の隣にあった『かつら岡米』の岡米さんと会う。

最後に『レストラン 銀座 キャンドル』へ。
現オーナー3代目から紹介され、祖母の初代オーナーがみえた。

美輪さん来店時の色々なエピソードを話したりと。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

銀座ロケのは見ててすごく ほんわかするというか。まったり見れて良いですね。

スタジオトークの方は、個人的にネガティブからの脱し方をもっと聞きたかったなー…と。

そして双子であることや、過去のトラウマが あったけれども『今』を『自分』を生きるコトを大切にすることですね。

私自身、振り回されたり、見失ったりするので、もっと切り換えうまくなりたいですね。

|

« “[コネタマ] 今まで読んだ本の中で“賞”をあげたい一冊は?” | トップページ | “『FILE 078:やっぱり、みんな有罪ですか?』を見た。” »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/30671742

この記事へのトラックバック一覧です: “『オーラの泉 2009.07.18. O.A.』を見た。”:

» 強迫性障害の口コミ情報 [強迫性障害の口コミ情報]
強迫性障害の口コミ情報を掲載してます! [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 00時12分

« “[コネタマ] 今まで読んだ本の中で“賞”をあげたい一冊は?” | トップページ | “『FILE 078:やっぱり、みんな有罪ですか?』を見た。” »