« “『空手小公子 小日向海流 35巻』 読了。” | トップページ | “カラオケにRuvieの曲!” »

2009年5月15日 (金)

“『魔人探偵脳噛ネウロ 21巻』 読了。”

松井優征 著:『魔人探偵脳噛ネウロ 21 (21) (ジャンプコミックス) 』を読了。

笹塚さん。から、ネウロと弥子のケンカ(?)まで。

個人的には笹塚さんよりも、ダンボールおじさん…本城さんの方が衝撃的でした。

クライマックスまっしぐらで、伏線というか過去のシーンであったコトが活きた展開ですごい。
後半は人間サイドの化け物側への逆襲という流れに。単行本単位としてのバランスを取ってるのでしょうか。笹塚さんのために。(?)

XI(イレブン)の記憶を読む能力は反則ですね。
他人の記憶の中の自分と、実際の自分には齟齬が生じていても良いハズなのですが、そこまでXIの能力はフォローしているのだとしたら無敵ですね。本心を押し殺して仕事していた笹塚さんすら…家族に化けられたからかもしれませんが。

前にも書いたかもしれませんが、阿久悠さんの『清らかな厭世』の中に、
『愛情の証明は 小さなことを忘れないでいる 記憶力の誠意だ』(P.86)
とあった。

まさにこれを“使われた”ワケですね。手強い能力ですわ。

次巻にも期待。

|

« “『空手小公子 小日向海流 35巻』 読了。” | トップページ | “カラオケにRuvieの曲!” »

漫画・アニメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/29618076

この記事へのトラックバック一覧です: “『魔人探偵脳噛ネウロ 21巻』 読了。”:

« “『空手小公子 小日向海流 35巻』 読了。” | トップページ | “カラオケにRuvieの曲!” »