« “裁判員制度のテレビ” | トップページ | “2008.12.09.” »

2008年12月 8日 (月)

“『林真理子・江原啓之 著:超恋愛』読了。”

林真理子・江原啓之 著 超恋愛 :読了。

先に江原さんと茂木さんの“偶有性幸福論”を読んだのですが、その中で江原さんが、『林真理子さんとの対談』について触れられていたので、読んでみようと。

林さんについては一昔前に芸能ニュースで見聞きしたイメージしかないのですが…。
俗っぽい印象を受けました。

江原さんの発言は割と他の著作と同じく、一貫してるのではないでしょうか。
『恋愛は感性の学び、結婚は忍耐の学び』
『待ってるだけで、何もしないで恋人がいないことを嘆くのは怠惰。自ら行動しなくては』
など。

この上記2点などについて関わる中で。実際はどうか。具体的にどのような行動が見受けられるか。という対談でしょうかね。

amazonでのレビューは辛口ですが、林さん、江原さんの元々のスタンスを理解して購読されれば宜しいのではないでしょうか。
江原さんの書籍を多数読まれてる方なら、立ち読みして購入を検討されては如何かと。

|

« “裁判員制度のテレビ” | トップページ | “2008.12.09.” »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518220/26017635

この記事へのトラックバック一覧です: “『林真理子・江原啓之 著:超恋愛』読了。”:

« “裁判員制度のテレビ” | トップページ | “2008.12.09.” »