« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

“picture's”

Ruvie 東名阪主催イベント “picture's”に参戦すべく
HOLIDAY NAGOYA に6月15日に行ってきました☆

Ruvieのライブを見るのは昨年のパンプキンヘッドのイベント以来1年ぶり2度目。

出演バンドは
(入り口の看板に書いてあった順に)
Ruvie
東京ミカエル。
RENTRER EN SOI
ジュリィー
THE KIDDLE
シンディケイト

ところでHOLIDAYは初めて行ったんですが。
……結構狭いんですね。(^^;


17時開演で、先ずは“シンディケイト”。
え~と、そもそもチケットにこのバンドが出演するコトが載ってないのもあって、全く知らなかったんですね。
で、全然知らない状態で観てたんですけど…、
…ゴメン、ビミョ……。

パラパラみたいな振りがあったりとか…。
MCで、
「コンセプトはダサカッコいいです!!」
って言ってたけど。
う~ん。……。


次に、“THE KIDDLE”。
初めて聞くバンド名だったワケですが。
結構聞きやすかったんじゃないかと。
ボーカルいい声してたし。
……ってコトくらいしか書くことないけど。(´ヮ`)

次、“ジュリィー”。

Vo.の慎一郎という人が以前“ホタル”というバンドをやってたことは、V系サイトとかで知ってたので。
1曲目からいきなりギターの音が出なくなったハプニングがあったけど、そこは経験とゆーか、場数踏んでるだけあってトークでしっかり繋ぐね。(笑)
当然歌の方も安定感があったし、なにより演奏中の空気が良かった。

次、“リエントールアンソイ”。
表記が大文字になってからダークな音になって、某動画サイトで見た感じ、ちょっとディルっぽくなってるのかな…とか思ったけど、まぁ、そこまで。
MCは殆どなかったと思う。MCするようなバンドのイメージでもないとは思うけど。
演奏後、もうちょっと聞きたかったな~って思ったので、またなんか機会があれば観てみたいナ、と。


次、“東京ミカエル。”。
バンドの知名度としては“ジュリィー”より知られてないかもしれないけど、Ruvieと事務所が同じだから、演奏順もこの位置だったんだろーなー。と。
メンバーの格好がなんか統一性無いなー、て思った。(笑)

演奏とか曲とかは良かったんじゃないかと。
なによりパフォーマンスとゆーか、Vo.の人がうまくお客さんを煽ってたな~と。


さて、大体1バンド5,6曲の演奏で、30分くらい。
ステージの転換に10~15分くらいで、この時点で4時間弱ほど経過しております。
さすがにスタンディングのライブでずっと立ってられないので、転換の時間と、ジュリィーのギターが出なくなった時にはしゃがみ込んでましたが。(笑)


そして20時45分頃。Ruvie登場☆

セットリスト(覚えてるだけ)

微睡みは水面深く。
Screamer
片足のビアンカ
Irony sun light
Parafit
星天、狂騒。
ripper

(あと煽り系の曲があったよーな…)

Ruvieは3日連続でライブしてる為、MCでVo.手鞠が、
「常に全力でやっちゃうから、体力の調整が出来てないから…――」
とか。



Ruvieは来月解散する。

MC中、主催イベントのこの後の予定、先日出たラストシングルの話とか、

「名古屋でのライブもこれで最後―――……。」
「次は いつ―――……」


「いつ手羽先が、味噌カツが食べれるだろうか、と。」

(笑)

「別にそんな食いしん坊キャラで売ってるワケじゃないし………ゴメンあんま面白くなかったね(笑)」


演奏後、ステージからハケたあと、アンコール。
またメンバーが戻り。

「そんなに呼んでくれるなんて…鼻血がでちゃうじゃないか」
(笑)
「…1曲だけ、先日出たマキシから……」
と、“In Daylight”が演奏される。



私がライブを見たのは2回目だけど、良いバンドやなーと改めて思う。
ま、好きだからひいき目でみてしまうのもあるんだけど。(^^;

手鞠はいい声と、パフォーマンスするし、Ba.燕はいい笑顔見せるし。
Gt.一樹はところどころで感謝の想いを表してるのがすごく見てとれて嬉しかったり。
解散もったいないなー……。


アンコール“In Daylight”を以って全セットリスト終了。
ありがとうRuvie☆

本編最後に演奏された“ripper”が終わったあと、手鞠が、

「世界の終わりで 会いましょう」

と。

残り一ヶ月。ネットごしにオフィシャルサイトを見るくらいしか出来ないけど、『世界が終わる』まで見届けていきたい。

| | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

“駄文”

「規制は既成を守る為にある」

そう仮定しておこう。

| | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »